滋賀県野洲市の「庭卯」では、無限のデザインであなただけの庭を作庭します。

HOME/造園
あなただけの庭を/造園
ずっと見ていたい庭園を
洋風の日本庭園って?
空に近い庭が欲しい
本当に小さな庭園
洋風の日本庭園って?
庭卯について/造園
ごあいさつ
庭師募集について
会社概要・地図
お客様の声
お問い合わせ
リンク集
庭園作品集/造園
純日本庭園
和洋折衷の庭
屋上庭園
坪庭
造園について/造園
完成までの流れ
造園Q&A
作庭ブログ
庭師募集について/造園 日本庭園 滋賀県
    庭師募集について

HOME >> 庭師募集について

造園 日本庭園 滋賀県

庭師を目指す方へ

庭卯代表 谷川 文康/造園 日本庭園 滋賀県     庭卯が大切にしていること

  お客様があって仕事が成り立っています。
お客さんがゼロから、自然に多くなっていく為には?日々どんな事をしていけば、お客様に喜ばれ、愛されて、親しまれるでしょうか?
  わたし自身が独立当初すごく悩んだ事柄でした

わたしは、技術(わざ)を磨き、人間(ひと)を磨くことだと考えております。

 今ならこれだ!と断言できるくらい数々のお客さんや経営者の皆さんに教えていただきました。


 特に庭師という環境の中で技術を徹底的に学ぶことだと思います。 造園業という幅の広い作業の中を体当たりで学んでいくしかないです。学ぶの語源の由来は 、真似るから来てますように、まず真似ることから始めることです。先輩より作業や技術を真似て 自分のモノ(経験)にしていくことです。 また季節によって風景が変化するように樹木の扱いも同様に細やかな変化を 求められます。剪定も季節によってや、樹種の特性によって繊細な判断を 迫られます。失敗を恐れるよりまず造園の経験をたくさん積んでいただく 事が、今後の成功への近道になるんではないでしょうか? また、逃げられない状況の中の作業を引き受けることができる勇気と約束を果たす責任を数多く経験した 者が自信に変わっていくのだと思います。

 わたしは、恥ずかしながら独立当初は技術と努力があれば成功できると信じ込んでいました。 しかし、日々作業の努力はするものの何故か心のどこかで何かが違うという思いになっていました。 そう、自然に出てくる、お客様に喜んでいただこうとする心が足らなかったんです。 業績が悪くなると不安が顔を出し、さらに打ち合わせや説明等で 断られるのを恐れながらお客さんと話していました。 今から思うと自分の弱さが壁となって現われてきたのだと思います。 その壁を越えたら,今までにない景色があるのを経験してます。 そして作業だけでは学べない営業の道が人間(ひと)磨きなんだと思いました。 社会に出れば造園のお客さんはほぼ年上ですし人生経験豊富な方がお客様です。 お客様に選んでいただくための技術(わざ)と人間(ひと)を磨きつづけていくことが 自然とお客様に選んでいただける答えだと確信しております。 いきなりの成長は無理が生じますが、一歩ずつの確実な歩みでいいと 思っております。

庭師に向いている人は?
 特に嫌なことや辛いことがあったとしても、決して逃げないこと。
さらにそれを周りの人や環境を言い訳にせず、自分の成長の糧と捉え
なんとか乗り越えることができる方です。
また、仕事を楽しむ考え方が備わっていればさらに良いんではないかと思います。

庭師を志す方に応援メッセージを
 感性で勝負できる職種ですが、しかし人生経験の豊富な方に選んでいただく仕事なので、 それだけ自分自身の人間性を高めていかなくてはいけませんし、常に勉強してし続ける必要性もあります。 感性が高まれば、自分の提案していく庭の施工もできますし、その庭をお客様が喜んでいただける経験を 積んでいけます。力を付ければ、いろんな可能性を秘めた仕事であることは間違いないです!

給料の件ですが
未経験者でしたら、研修期間3か月を経て、月額¥170、000−から
経験者は研修期間3か月を経て、要相談とさせていただきます。
面談も随時行っておりますので
連絡は 代表 谷川090ー8754ー6572まで
求人のホームページを見ました!と言って連絡をいただけますか?

このページのトップへ/造園 日本庭園 滋賀県
ずっと眺めていたい、そんな憩いの空間をお作りします。庭卯(にわう)
〒520-2433 滋賀県野洲市八夫1331-3
077-589-2555

庭卯のHOMEへ/造園 日本庭園 滋賀県
 【あなただけの庭を】
 ずっと見ていたい庭園を洋風の日本庭園って?空に近い庭が欲しい本当に小さな庭園
 どこでも楽しめる箱庭庭園
 【庭卯について】
 ごあいさつ会社概要・地図お客様の声お問い合わせ
 【庭園作品集】
 純日本庭園和洋折衷の庭屋上庭園坪庭箱庭盆栽
 【造園について】
 完成までの流れ │ 造園Q&A │ 作庭ブログ

COPYRIGHT(C)2008 庭卯 ALL RIGHTS RESERVED.